人材育成に欠かせない社員研修やコーチング、nlpの存在

技術や知識を学ぶことで希望する職を得る

会社生活をサポート

業務に関連する研修が効率が良いです

多くの企業において定期的に社員研修が行われます。入社の際には新入社員研修があり、これは社会人生活を送る際に最低必要な必須の項目を学ぶことも目的です。また、新入社員は気持ちも新たに頑張ろうという思いで入社してきている社員が大半なので、活気あふれた研修になることが多いです。 しかし入社して年数がたつと、各部署にて入社した社員は様々な経験を積みます。その結果、いい思いをすることもあれば非常に精神的につらい思いをすることもあります。従って入社してから長く年数の経った社員を対象研修を考える際は、そういった社員にとって有益な研修の場にすることが大切なのです。再度新入社員の際のように活気のある会社生活を送るようなサポートになることが望ましいでしょう。

研修を企画する部署は社内の雰囲気等を細かく把握しておくべきです

多くの社員が部署の垣根を越えて参加する研修ですと、そういった社員研修を企画する人事部などは、社内の雰囲気などを細かく知っておくようにすると良いでしょう。例えば商品販売会社で、営業部隊と商品開発部隊の仲がしっくりいっていないような場合、それが原因で会議などでも議論がまとまらないといったケースも多いはずです。こういったことが重なると効率的にも良くありませんので、営業部隊と商品企画部隊が社員研修によって交流が出来、研修後にコミュニケーションがよくなるような効果をもたらすことを考えねばなりません。そういったことを無視し、世間一般でトレンドになっているような研修を行ったとしても、自社の現状に合っていなければ企画部隊の自己満足に終わってしまうので、注意が必要です。